年少組」カテゴリーアーカイブ

うさぎ組・ぱんだ組さんの体操の様子です。

本日はバンビホールにて年少さん2クラスが高木先生の指導のもと、マットを使った体操をいたしました。幼稚園ではマット・跳び箱・鉄棒の3種目は3年間続けて行いますので、少しずつ慣れていってほしいと思います。体操の先生は3名おられますが、年少さんは高木先生がメインですので、顔は少し怖いですが、そちらも早く慣れていってほしいですね!顔が怖いのと心が優しいのはまったく別ですが、子ども達の方がその辺りを見抜く力が大人より抜群に優れている様です。さすがベテランの高木先生は子ども達のハートを掴むのがお上手です。まだ3回目の指導とは思えませんね。


きりん・いるか・りす組さんの園外保育の様子です。

昨日の年少さん3クラスの園外保育の様子です。梅雨入りを思わせるような蒸し暑さの中、汗びっしょりになりながら庄所公園を所狭しと走り回りました。幼稚園からは城跡公園の方が近いのですが、大型遊具は庄所公園の方が子ども達には人気です。高槻市は公園の整備に力を入れられているので、安心しておでかけができます。安満遺跡公園、その次は城跡公園の改修工事とこれから新しくお出かけできるところが増えそうで、今から楽しみです。何よりも安全・安心が一番ですもんね!

うさぎ・きりん組さんの様子です。

本日のうさぎ組・きりん組の絵画制作と給食の様子です。絵画もだいぶ自信が出てきたのか、「園長先生、見て見て!」って言うお友達が続々と増えてきました。のりの使い方やクレヨンの持ち方など、毎週の繰り返しの結果、少しずつ上手く出来る様になってくることで、更なる自尊感情が芽生えますので、何事も小さいことの成功体験の積み重ねが大切になってまいります。「出来た出来たっ!」って言ってきた時に、「もっとうまく書けるでしょ!」、と答えるか、それとも「すごいね!」っと答えるかで園児たちの次の取り組みへの姿勢が大きく変わってまいります。こういうのを「ほめ育」って呼んでます。欧米に比べて日本の学校に足りない指導方法です。

ぱんだ組さんの園外保育の様子です。

他の通常クラスはまだまだ一人遊びが多いですが、ぱんだ組さんだけは昨年英会話学校で1年間一緒に過ごしたお友達と一緒に遊ぶ様子が頻繁に見られます。でもそうは言っても知らないお友達も気になる様で「あの子と遊びたいっ!」って指で指名するお友達がおられます。これからお友達のお名前をしっかり覚える様になると、先生が一緒に間に入って遊ぶなどをきっかけとして自然と子ともたちだけで遊べる様になります。ですのでできるだけ「何々ちゃん、何々君、一緒に遊ぼ!」とお友達同士で声がけができる様になりたいですね。お友達作りの第一歩はお名前を覚えることから始まります。このブログがその助けになるとうれしい限りです。

うさぎ組さんの園外保育の様子です。

本日はうさぎ組さんとぱんだ組さん2クラスが園バスにて庄所公園までおでかけしました。あっという間に着いてしまいますので、あまりお出かけした感じがしませんが、子ども達にとっては入園後、初めての園外保育ですので、今日の日を楽しみに待っていました。気持ちよく青空の下、大型遊具で遊ぶことができました。普段とちがってその子らしい表情が出ていたので、うれしく思いました。やっぱり遠足は楽しいものですよね!

昨日・本日のぱんだ組さんの園庭自由遊びの様子です。

ぱんだ組さんの園庭自由遊びは通常クラスと違って複雑な時間帯で行っております。朝は9時20分まで、お弁当を食べたあと1時30分まで、そして2時30分から3時までと1日3回に分けて行っています。通常クラスは2回ですので、ぱんだ組さんは靴の履き替えが忙しいです。「先生、くつ履かせて~」と足を放り投げているお友達もいましたが、今は自分でしっかり靴を履き替えることができる様になりました。やはり毎日の習慣付けが大切ですので、これからも自分のことは自分で出来る自律したお友達になっていける様、辛抱強く生活習慣を指導してまいります。「ママー、靴履かせて~、パンツ履かせて~」とご自宅でお子様がおっしゃられたら、お母様方、どうぞもうお子様は自分自身で出来ますので、ご家庭と幼稚園とが一緒になってしつけを行っていただければ幸甚に存じます。それでは楽しいゴールデンウィーク前半をお過ごしください。

昨日・本日のりす組さんの園庭自由遊びの様子です。

りす組の担任の筒井あやか先生はしろばら幼稚園で一番若い先生ですので、毎朝、園庭をりす組のお友達と走り回っておられます。ですので、りす組のお友達は筒井先生に負けじと元気良く園庭を走り回っているせいか、みんな元気で笑顔も多いです。子ども達にどう育ってほしいかは各担任の先生の理想とする保育・教育がありますので、ある程度は自由度を認めております。通常クラス4クラスがそれぞれのクラスカラーを発揮してくれることを祈ります。

昨日・本日のいるか組さんの園庭遊びの様子です。

昨日、新しいぞうさんすべり台が幼稚園に納入されました。それまでのぞうさんと比べると倍ほど大きいですので、お母さんぞうさんといったところでしょうか?「子どものぞうさん、どこいったん?」と聞かれたとき、どう答えようか迷いましたが、30年間に渡って沢山の園児さんを滑らせてくれましたので、「もうお年を召されていたので天国に行かれました」と答えました。年長で一人、涙ぐんで帰られた園児さんがおられましたので、あっ、答えがまずかったな、と自問自答いたしました。「アフリカに帰ったよ!」と答えた方が良かったかなと思っておりますが、年中、年長のお友達の記憶の片隅には古いぞうさんがいつまでも残っていてくれることを信じます。

昨日・本日のきりん組さんの園庭遊びです。

1番バスの園児さんは朝に園庭にて自由遊びをいたします。2番バスの園児さんは帰りに同じ時間だけ園庭にて自由遊びをいたします。またお歩きのお友達は朝一に自由遊びをいたしております。毎日幼稚園にて5時間ほど過ごしていただいておりますが、その内約1時間は園庭にて自由遊びをしております。自由遊び(動)でめいいっぱい動きまわることで、その後の約2時間程度の室内での設定保育(静)にじっくりと取り組むことができます。何事もバランスが最も大切となります。

昨日・本日のうさぎ組さんの園庭遊びです。

昨日と本日は天候に恵まれ、気持ちよく園庭遊びをいたしました。少しずつその子らしさが表情に素直に出てきております。ゴールデンウィーク明けからは園庭が暑くなり、日陰を選んで遊ばないと熱中症になる危険性もありますので、今の内に園庭を走り回ってほしいと思います。