年長組」カテゴリーアーカイブ

虹・花組さんの音楽のレッスン風景です。

音楽講師の指導は2週間に1度ですので、音楽室にて練習するのは年間にしてそんなに回数は多くありません。保育室で一人ずつ時間を見つけては練習して音楽のレッスンの日にのぞみます。ですので、音楽の講師に「よく練習してきてますね!」と褒められるとみんなにっこり笑顔です。逆に、「もっと練習、頑張ってくださいね!」という叱咤激励もありますので、その繰り返しで秋の音楽発表会に向けて練習を積み重ねてまります。パートごとに2クラス合同で音楽室に出たり入ったりですので、最後の打楽器のパートさんだけ撮影をのがしました。また次回、きっちりと写真に収めたいと思います。

空組さんのパラバルーンの練習風景です。

午前中は組み立て体操、午後からはパラバルーンと年長さんの本日はスポーツデーの練習一色となりました。最後は赤い顔をして暑い中頑張ってくれてました。所々で見せる子ども達の笑顔は何となくみんなでわざを成功させていることへの満足感から来るものが多い様なきがします。パラバルーンは年長さんの成長をしっかり見ることができるいい教材です。年長さんは音楽発表会、生活発表会と行事を重ねるごとにクラスのみんなで力を合わせて頑張ることにやりがいを感じてきます。もう一人だけ、自分だけが出来るのでは心の底から楽しめないことから、そういった面で年長さんの成長を感じ取ることができます。担任の先生も厳しい表情から子ども達の成長を楽しめる余裕も見られるようになってきました。あとはリハーサルと本番を頑張るのみとなります。先週末は朝晩が冷え込みましたので、みんなの体調管理が心配ですね。

花組さんの組み立て体操の練習風景です。

明日はスポーツデーのリハーサルということで、今日は最後の練習日となりました。午前中に2回通して行いましたが、午後からもクラスによっては居残り特訓が続いております。成功しても失敗しても本番は1度きりですので、本番に強いお友達であることを信じています。居残り特訓をするということは、まだまだ不安があるからだと思いますが、逆に何回やっても成功するわざでも本番だけ気の緩みで失敗することもありますので、やはりその緊張感が行事の醍醐味かもしれませんね。みんなの緊張感がひしひしと伝わってまいります。

虹組さんの本日の様子です。

今週はお天気に恵まれ、5日間ともスポーツデーに向けた練習がみっちりできました。お天気まで見方してくれています。さて、来週はいよいよ本番です。あとは5日間の練習を思い残すことなく、クラスのみんなで楽しみながら毎日を過ごしてほしいと思います。スポーツデーが終わったらいよいよ夏本番ですので、来月からはプール遊び・水遊びに熱中ですね。幼稚園は春夏秋冬、四季折々に楽しむことがあって道理で1年が過ぎ去るのが早いわけであります。

花組さんのリレーの練習風景です。

昨日、午後からのリレーの練習風景です。真剣な表情、余裕の表情、走ることを心の底から楽しんでいる表情など十人十色です。子ども達は正直ですので、心の底から楽しめないとその様な表情にはなりません。でもしんどくても真剣にクラスのみんなのために頑張れるのはとても大切な資質ですので、どんな表情でもよく頑張っているねと褒めてあげたいと思います。最近は自由遊びの際にただ単に早く走れる様になる特訓をするのが子ども達の中ではやりたい遊びとなっています。みんなリレーの結果をしっかり意識している証拠ですね。小学校の様にタイムなんか計ってみるのもいい刺激かもしれませんね。

空組さんの組み立て体操の練習風景です。

体操の稲田先生があと練習できるのは4日間とおっしゃってました。組み立て体操は体操の先生との掛け声の掛け合いがありますので、担任とでも練習ができるという訳には行きません。ですのであと残りの練習を大切に1日1日頑張ってほしいと思います。子ども達ながらに自分が失敗したらどうしようという他のみんなを気遣う気持ちが芽生えてきました。みんなで成功に導くという点では組み立て体操は日本の学校には欠かせない伝統行事となっていますね。「One for all, all for one」「ひとりはみんなのために、みんなでやることで自分自身が成長できる」。小さいうちからチームで動くことを鍛えられている日本人の強みが、自然に幼児期から子ども達にも培われていくのですね。みんなしっかり根っこの部分が育ってきています。大きく幹を成長させるのは卒園してからということにはなってしまいますが・・・。

空・花組さんの英語のワークです。

今年度の英語はグラハム先生(オーストラリア出身)とエイミー先生(フィリピン出身)が週1回ずつそれぞれ担当されます。エイミー先生は下のお子様が2歳になられてますので、3年前まで園で数年間英語講師をされていました。3年ぶりの英語の指導で少し緊張すると言っておられましたが、年長さんとは雰囲気からするとすぐに打ち解けられた様子です。しろばらの前は小学校でもALTをされてましたので、英語教師の経験は豊富な先生です。今年も1年間、英語のレッスンを頑張って行きたいと思います。今年度のテーマは「英語でANSWER!」です。できるだけ多くの質問を子ども達に英語でしてまいります。ですので、手が上がっているお友達はすぐに答えを英語で言える状態である証拠ですので頼もしいですね。語学で一番大事なのは1、楽しむこと、そして2、自分自身に対する自信であります。英語は得意だけど、自分自身の考えを表現するのが苦手では世界で通用する人材にはなれませんので、積極的に自信に裏付けられた自分を出していってほしいと思います。

月組さんのリレーの練習風景です。

リレーの練習はいつも午後からとなっています。お腹いっぱいなところ、練習となり申し訳ないのですが、あとひとふんばりしてもらっています。でもみんなの表情は練習を重ねるごとに真剣になってきています。「2位じゃダメなんですかぁ~?」なんてお友達は一人もいませんね!

虹組さんの英語のワークの様子です。

昨日の虹組さんの英語のワークです。英語のワークは年少さんから初めてまして、年少で大文字、年中で小文字を練習しましたので、年長は少しずつ短い単語などが登場いたします。本日はアルファベットのAとBのそれぞれ大文字、小文字の塗り絵ですが、グラハム先生の指示はすべて英語で行っておりますので、良く聞いておかないとまちがった塗り方やまちがった色になってしまいます。みんなしっかり英語脳が出来てきていますね。だれ一人として間違っていませんので。少し不安なお友達は横のお友達からちらちら教わりながらですが、しっかり自信を持って進めてほしいですね。小学校に上がって一番大切なのは自己肯定感といいますか、自分に対する自信です。間違っても全然かまいませんので、隣のお友達を見て真似ることよりも失敗しても自分自身でやり切ることの方が大切だということを言い続けたいと思います。

本日の空組さんの様子です。

本日の年長組さんの午前中は2クラス合同で園庭で組み立て体操の練習、その後、音楽室にて合奏の練習をいたしました。音楽と体操が同じ日にあると頭を使うことが多いので神経的には相当疲れて大変だと思いますが、さすが年長さんです。みんな難しい顔をしていますが、しっかり自分で考えて動けています。体操の稲田先生、上原先生のお話を聞いているみんなの姿勢を見ていると、もう小学校に行っても大丈夫だなと思ったうれしい瞬間でした。あとは元気な返事や先生のお話に対するその子なりのリアクションがあれば最高ですね!「次はもっと頑張る!」なんて言ってました。